理工学部生の憂鬱

日々思った事、やってることの備忘録

トラベラーズノートを3年使って思った レギュラーサイズの3つの魅力

 

■忙しい人への48文字まとめ

トラベラーズノートの魅力は自分好みの手帳にできるカスタマイズ性
レギュラーサイズは大きさも程よい

 

こんにちは
連日ダイアリー売り場が大混雑していますね

 

度々記事で触れていますが
僕はトラベラーズノートのレギュラーサイズを使っています

トラベラーズノートの外見や中身をパシャパシャ写真を撮って
ご紹介したことはありましたが、
そういえばトラベラーズノートの魅力について
語ったことがないなと気づきました

 

ダイアリー選び中の方もいる時期でしょうし
良い機会なので僕なりのトラベラーズノートの魅力について
ご紹介したいと思います。

ダイアリーを選ぶお手伝いができれば幸いです

 

 

 

広すぎず狭すぎず ちょうど良い大きさ

レギュラーサイズA5ノートの幅を細めたサイズです

開けばおおよそA4なので
メモ書きなどをするのにものびのび書けます

 

パスポートサイズやよくある文庫本サイズは僕に狭く
使いづらかったです

 

逆にA5サイズ以上にしてしまうと
途端に圧迫感が増し、カバンの中でも場所を取ってしまいます

 

f:id:noc_s:20170919222943j:plain

トラベラーズノート2サイズとモナリザなA5ノート)

 


トラベラーズノートはスリムな幅のおかげで
圧迫感がありません

しかも畳んだA4紙をはさめる
ほどよく大きな便利なサイズ

 

この絶妙なサイズ感が魅力です

 

 

使い方に制限なし

手帳といえば、根強い人気を誇るほぼ日手帳

僕も使ったことはあるんですが、合いませんでした

 

毎日、日記をつけたいとか
目的ありきで選ぶ方は良いんでしょうが、

僕の場合は、
1日1ページ何か書かなくては・・・と
手帳を使うのではなく、
手帳に使われる状態になってしまいました

 

また途中で書けない日があって穴が開いてしまうと
とその空白が気になってしまって・・・・・・

でも毎日何か書いたり、同じクオリティを維持するのも難しい・・・・・・。

几帳面なのに毎日コツコツと、ができない半端な自分には
ほぼ日のような1日1ページは合いませんでした

(自分で日付を書き込めるスタロジー365デイズノートは使い心地良かったです)

 


一方、トラベラーズノート
ジッパーケースやダイアリーのリフィルもありまずが、
基本はただのノート

種類は横罫やセクション、無罫

気に入ったものがなければ自分で作ることもできます

 

1日1ページのような使い方もできるでしょうし、
メモやラクガキ、To DOリストなど
ただのノートなので使い方は自由自在

 

日付も入っておらず、
書きたいように、書きたいページに書ける

 

このラフな感じが自分には合っていました

 

 

ノートリフィル方式

トラベラーズノートの特徴の1つが
ゴムにノートをかけるシンプルな機構

 

一般の綴じ込みの手帳が僕が気に食わない所があります

ダイアリーやフリースペースなど色々なページがあるにもかかわらず
どれかが満杯になってしまったら終わりだということ

 

1日1ページと言われても
そもそも1日に書き込みたい情報量って日ごとに違いますし

ダイアリーとフリースペースが一体になった手帳は
1年が終わる前にメモ欄がいっぱいになってしまう事もあれば
1年が終わってもメモ欄に何も書かかないままって事もあります

 

ついでに言えば、
手帳のおまけページ
名古屋在中の自分に東京やら大阪の地下鉄路線図なんて用もありませんし、
紙の規格の話も必要ありません


いろいろ不満が爆発していますが、要するに
人によって書き込む情報量も
必要な内容も違うのに
それらを1冊の手帳に綴じて押し付ける必要があるのか!?って話です

 


トラベラーズノートなら
自由にノートリフィルを差し込めるので
ダイアリーはもちろんTo Doリストやフリーメモなど目的ごとにノートを用意し
自分に必要な機能を持った手帳を作り上げることができます

そのうちどれかのノートを使い切ってしまっても、
そのノートを差し替えればいいだけ

 


トラベラーズノートに似たような使い方ができるものとして
システム手帳や「情報は1冊のノートにまとめなさい」で紹介されている
1冊のノートにかんでも書き込む方法があります


システム手帳ではリフィルがただのページなので
外した状態でバラバラになってしまいますし、
何よりあのリングが手に当たって仕方がありません・・・


ノート1冊にあれやこれやをまとめる方法は
ノートを替えるたび
必要なページを次のノートに張り直す手間があります

またページが残り少ないときに、もう1冊持っていかなければなりません

 

 

最後に

トラベラーズノートの魅力カスタマイズ性の高さ

自分好みにリフィルを継ぎ足しして
使い勝手のよいものにできます

 

構造も簡単なので、自分でリフィルを作ることもできるし
ざっくりした革のカバーに覆われているので
何をしたって見栄えよくまとまるのも素敵

 

僕は書ける面積を優先してレギュラーサイズを使っていますが
小さいのがよければパスポートサイズでも
この魅了は同じように備わっています

 

トラベラーズノート
綴じ込みの手帳が合わなかったという方にお勧めの手帳です

 

amzn.to