理工学部生の憂鬱

日々思った事、やってることの備忘録

雨傘のエトセトラ: 折りたたみ傘+傘カバーのすヽめ

こんにちは

みなさんは雨傘はなに使ってますか?
長傘? 折りたたみ傘? 両方を使い分けている?

僕は折りたたみ傘に一本化しています
これがなかなかに便利だったので少しレビューします

折りたたみ傘にした理由

まず長傘・折りたたみ傘のメリット・デメリットってなんでしょうか
僕が思いついたのが下図です
f:id:noc_s:20161210141513p:plain

半分、冗談です

長傘は面積が広く(大きい)、そして畳んでも長さがあるので邪魔になります(大きい)
折りたたみ傘はコンパクトなのでバッグにも入れられ(小さい)、面積もコンパクトなものが多いです(小さい)

僕は実家から電車で1時間ちょっとかけて大学に通っています
重たくかさばる荷物を持って、満員電車に揺られる・・・

そんな中濡れた長傘なんぞ持って歩くのは、なかなかな負担です
なので長傘は断念し、折りたたみ傘に一本化しました


あと、個人的なぼやきですが、
濡れた傘を人に押し付けるようにもつ人、長傘を横向きにもつ人なども
マナー良く長傘持てないなら折り畳みか、もう人のいないところに住めって思いますね
f:id:noc_s:20161210143436p:plain

折りたたみの杞憂

さてコンパクトな折りたたみ、長傘ユーザな方からすると色々心配な点があるかと思います
小さい、強度がないなどなど

面積

面積の小ささは物理的にしょうがないのでどうしようもありませんが、
それでも直径1mぐらいのものはザラにあるので、よほど心配する必要はないのかなと思います
SENZみたいな後ろにせり出したものなら、背中に背負ったものも濡れにくいのかなって・・・

僕は傘さすの苦手っていうのもあるんですが、体感では長傘でも折りたたみ傘でも身体の濡れ具合は変わりません

豪雨・暴風雨なら長傘でもどうせ防ぎきれないので、どっちでもいいかなって諦めたり・・・

強度

日本は台風大国で、シーズン中は傘が捲くられたり、折れた傘が捨てられている光景を
ニュースでよく見ます
折りたたみ傘は長傘よりも華奢だったり、骨が折れ曲がっているため強度が弱いものが多いです
僕は長傘買わない分の費用を折りたたみにつぎ込んで強度があるクニルプスの傘を使ってます
www.knirps.jp

SENZなら折りたたみでも60km/hの風に耐えれるそうで・・・
www.marcs.co.jp

傘カバー

電車の中や屋内で折りたたみ傘をどう持つか。

カバンに入れずに手持ちじゃ、せっかくコンパクトなのにもったいない
でも濡れたものをカバンに入れるのは・・・・・・。


そこで登場するのが傘カバーです

SUSU 傘ケース ブラック

SUSU 傘ケース ブラック


袋の内側がマイクロファイバーになっていて、東急ハンズやロフト、Amazonなどなどどこでも売ってます
傘って撥水機能を維持するために水滴を拭くことが推奨されていますが、
傘カバーなら水滴をある程度除きつつ、濡れた傘を剥き身にすることなくカバンに入れられて便利です

長傘バージョンもあったりするので長傘派な人にもオススメです

まとめ: 折りたたみ傘のメリット・デメリット

折りたたみ傘の最大のメリットは、やはりそのコンパクトさです

満員電車など超人混みでは長傘は邪魔になりがちですが、
傘カバーを併用すれば晴れの日と変わらないスタイルで過ごすことできます
デメリットとしては、カバンに入れる分取り出す手間があります

一方、面積もコンパクトになりがちで
買い物とか行くと荷物には濡れないように気を使わなければなりません

一長一短ありますが、僕みたいに満員電車に揺られる人には折りたたみ傘おすすめです