理工学部生の憂鬱

日々思った事、やってることの備忘録

大学用のバッグ、どんなのがいいんだろう

こんにちは、大学入試のシーズンですね

「待ってろキャンパスライッフゥゥゥゥッゥゥ!!!!」ってCMが
僕の受験の頃にやってました・・・

夢のキャンパスライフでついて回る現実の授業
その授業で必要なテキストやらなんやらを持ち運ぶのに必要なバッグ

どんなバッグがいいのか、現役大学生が考えてみようと思います

 

 

 

バッグ入れるもの

必要な荷物は学部や学校によってだいぶ変わって来ます

Webで検索すればゴマンとヒットしますが、
それを見る限り、医学系や理工学系の学生はテキストが多いわ厚いわで荷物が多いようです

実際僕自身、理工学部生ですがテキスト分厚い、
パソコンもMacBook Airみたいな薄型機ではマシンパワーが足りないので重い機種・・・
建築系の学部の友人は図面や模型を持って通学することも偶にあるそうです・・・・・・

 

逆に教科書がなく、講義で配布されるプリントだけ〜みたいなの講義もあるので
そういうものばかりな人は、特に何も気にせず好みのデザインのものを選べば良いと思います


じゃあ教科書たくさん、パソコンだ図面だ何だのを持ちはこばなきゃいけない人は
どんなバッグがいいのでしょうか・・・?

 

バッグの種類

周りを見ている限り「リュック・デイバッグ」「ショルダーバッグ」「メッセンジャーバッグ」「トートバッグ」がほとんどです

あとはPCバッグや図面ケースみたいな目的別に特化したものや、キャリーケース・ブリーフケースな人もいますね

荷物が多い人はこれらを複数組み合わせたりしています

 

個人的には化学繊維製の「リュック・デイバッグ」がオススメです
軽くて、水や汚れに強く、安いからです!!

 

大学生バッグに求める条件

バッグに必要な条件、あったら便利な条件として

大容量」「丈夫」「荷物にアクセスしやすい」「体への負担が少ない」「手が空く」が

挙げられます

 

大容量

言わずもがな

教科書にノート、プリント類にお弁当や水筒などなど
たくさんの荷物を持ち運ばなきゃいけないので容量のあるバッグが第一条件です

 

丈夫

容量が多けりゃ必然的に重量も増えます
日本で売っているものは品質が良いものがほとんどなので心配はないと思いますが
やはりアウトドアのメーカや実績のあるブランドのものだと安心ですね

 

荷物にアクセスしやすい

教室でゆっくりと荷物を広げられる場面では荷物の取り出しやすさは大して気になりませんが
財布や飲み物、定期に携帯電話と、普段の生活で取り出さなきゃいけないものは多々あります

バッグに外からアクセスできるポケットなんかがあると、そういったものをサッと取り出せて便利です

 

 

体への負担が少ない

荷物が重いと体への負担も増えます
電車で通うにしても、自転車や徒歩で通うにしても
できるだけ体への負担は少なくしたい所です

さすれば、体に密着する、重さがバランスよく偏りなく体にかかるバッグが良いです

 

また前で触れましたが、テキストやパソコン類で荷物が重くなりがちです
重いとそれだけ身体に負担がかかりますが、軽いパソコンは高いし、教科書はどうやっても軽くできない・・・

と考えると、軽くできるのはカバンだけ。
できるだけ軽いバッグを選ぶのが吉です

 

手が空く

メインバッグに加えて図面ケースやパソコンバッグを持つという学生もいることでしょう
通学中に本を読んだり、ケータイをいじったり、色々したいこともある
電車通学だとつり革を持ったり、定期を取り出したりもする

そうなると手が空くというのはかなり重要になります
できれば両手、少なくとも片手は自由にしておきたい所です

 

 

条件からみた各バッグ

さて冒頭部でも述べましたが、僕のオススメはリュックタイプです

ですがリュックも完璧ではなく、不便な点もあります
それぞれのバッグのメリット・デメリットを見て行きましょう

 

リュック・デイバッグ

メリット 大容量、体に密着、両手が空く

デメリット 背負ったり降ろしたり面倒臭い

 

ランドセルやアウトドアで使うカバンがほぼリュックタイプなのを見てわかるように
多くの荷物を運ぶのに最も便利な形です

大容量で丈夫、体に密着し両肩に同じように重さがかかるので体への負担も少なく、両手があく
必要な条件が揃っています

最近はモダンなデザインのものも増え、登山用だの秋葉原みたいだの野暮ったいイメージも拭われています

ただ弱点として満員電車だといちいち下ろしたりしないとマナー違反になる、気軽に荷物にアクセスしにくなどが挙げられます

 


メッセンジャー・ショルダーバッグ 

[マンハッタンポーテージ] Manhattan Portage 公式 Casual Messenger MP1605JR BLK (Black)
 

 メリット 荷物へのアクセスが用意、体に密着(メッセンジャー)、両手が空く

デメリット 片方の肩に偏る

 

両者違うものですが、形が似ているので一緒にまとめてしまいます

リュックと同じように両手が空き、メッセンジャーであれば体に密着します
簡単にバッグを体の前に持ってこれるので、荷物も取り出しやすいです
ですが片方の肩だけに重さがかかるのは難点です

 


トー

メリット 荷物へのアクセスが容易、手軽、ファッションの邪魔にならない

デメリット 荷物が増えるとみっともない、片方の肩に偏る

 

リュックやショルダーだと服のラインを乱してしまうという欠点があります

ですがトートはその心配が少なく、またデザイン性に優れたものも多くあります

ただショルダー同様に片方の肩に重さが偏ってしまうので体にはよくないのと
時々荷物がパンパンになり、腕が閉じずやじろべえみたいに開いた状態で歩いてる人を見かけます

あと女性物に多い硬いレザー製のものも、下ろして持てばいいんですが
腕や肩に下げたりすると周りの人の脇腹に当たって痛いのも弱点ですね・・・・・・

 

 

まとめ

高校までは学校指定のバッグがあったりして毎日同じもの、しかも他人の都合で決められたものを使わねばなりませんでした

自由になるっていうのはそういった不都合はありませんが
自分の選択に自分で責任を持たなくてはいけません

「このバッグ使いにくーい、ダサ〜い」→「自分で選んだんだろ」と。

 

理工学部の飾りっ気のない男子は毎日飽きもせず同じバッグを使いますが
外見に敏感なオシャレな方々は服に合わせてバッグを変えたりもするんじゃないでしょうか(妄想)

 

いずれにせよ自由とその責任の第一歩になりうるカバン選び、
この記事がその手助けになれば幸いです