理工学部生の憂鬱

日々思った事、やってることの備忘録

Kindleライブラリ(クラウド)の書類を削除する・保存しない設定にする

先回記事にしたPush to KindleでWebページを送る方法や、
AmazonのSend to Kindleで送った書類は、
初期設定ではパーソナルドキュメントとしてKindleライブラリ(クラウド)に保存されます


いろんな端末で書類を利用する、そのままでも良いという方はいいですが、
私は一度読んだものは別にとっておかなくて良いので、邪魔です

そんな邪魔だなあという方は以下の方法で削除したり、
そもそもクラウドに保存しないように設定できます

 

削除する

Amazonホームページからアカウントサービス>コンテンツと端末の管理に移動します

f:id:noc_s:20170618181245p:plain

 


「表示」から「パーソナル・ドキュメント」を選択します

f:id:noc_s:20170618181502p:plain

 

すると送った書類等がずらずらずら〜っと一覧で出てきます
一覧から消したいものをチェックボックス選択→削除で消すことができます

ただし一度に10個までしか選択ができないので、大量にある場合は骨が折れます・・・

f:id:noc_s:20170618181558p:plain

 


保存しない

削除するのがめんどい、クラウドに保存しなくてもいいやという場合は
そのように設定することができます

はたまたアカウントサービス>コンテンツと端末の管理から
設定」タブ、

f:id:noc_s:20170618182136p:plain

 

パーソナル・ドキュメント設定」の項目に行きます

今度は「パーソナル・ドキュメントの保存」という項目から
保存設定を編集」ボタンをクリックします

f:id:noc_s:20170618182153p:plain


ポップアップが出てくるのでチェックボックスを外し更新をクリックすれば、
クラウドに保存されなくなります

f:id:noc_s:20170618182226p:plain

 

以上でクラウドに書類が保存されなくなります

 

 

 

よろしければこちらの記事もどうぞ

noc-s.hatenablog.com

noc-s.hatenablog.com