理工学部生の憂鬱

日々思った事、やってることの備忘録

Kindleでもザッピングができた!

 

■忙しい人への33文字まとめ

Kindleにザッピング機能があった
メニューの下のアイコンがそれ

 
こんにちは

今さっきKindle Voyageで本を読んでいたんですが
なんとザッピング(ページ送り)機能があるのに
初めて気がつきました

 

Kindleって
本みたいにページをパラパラめくって
戻ったりできないのが不便だよね〜
なんてよく話したりあっちこっちのブログに書いてあったりします

なので、今のいままで出来ないと思っていたので
かなり衝撃的でした

 

 

 

Page Flipというザッピング機能

ザッピング(ページ送り)機能はPageFlipという名前らしいです

 

何か設定がいるとか、外部ツールがいるとかではなく
当たり前のように標準搭載されていました

  

まず本やマンガを開いた状態で、
画面上部をタップし、メニューを出します

f:id:noc_s:20170913231918j:plain

 

それで注目すべきは画面下のアイコン

f:id:noc_s:20170913231933j:plain
こいつです

 

こいつをタップするとザッピングができるんです!!


バーでページを移動したり、
また1ページずつめくることもできます

 

ページをタップすれば、そのページまでジャンプします
バツを押して閉じれば元のページ

 


ちなみにアイコン右側の方
このように一覧で表示されます

f:id:noc_s:20170913232041j:plain


ただこちらは対応している一部の電子書籍のみの機能らしく
手持ちのものでは、英語版のスティーブ・ジョブズの伝記だけが対応してました

 

 

 

書籍でもマンガでも自炊本でも

一覧表示は限られた本のみでしたが、

動画でご紹介した方は、
書籍でもマンガでも使うことができました

 

自炊本(スキャンしてCalibreで送ったもの)や
Push to Kindleで送ったWebページ
この機能を使うことができました

 

しかしPDFファイルは対応しておらず
PDFで保存してある自炊本はダメなようです

 

ちなみに僕が使っている自炊本のフォーマットはAZW3です

 

 

最後に

本当に衝撃の機能でしたね
Amazonもこの機能を宣伝すればいいのに(言いがかり

 

この機能Kindleでの読書体験が
より一層すばらしいものになりそうです


Push to KindleでWebページを読んだり
今回新しい機能に気が付いたり
Kindleの使い方の幅が広がっているので
レビュー記事も新しく書き直そうかな